現在地周辺

TOP

メニュー

検索

予約が取りやすい都内の脱毛サロンは?6つのポイントで徹底比較!

脱毛サロンは予約出来ない?予約がスムーズに出来る方法は?

どんなに魅力的な脱毛サロンも、肝心の予約が取れなければ意味がありません。しかも、「平日の夜おそくに予約したい」「土日しか通えない」など、脱毛サロンを利用したいタイミングはライフスタイルによって影響されがち。そこで今回は、どの脱毛サロンなら予約が取りやすいのか、6つのポイントについて比較してみました。

営業時間が長い脱毛サロンは?

営業時間の長さは予約のしやすい脱毛サロンの代表的な共通点です。
なぜなら、営業時間の長さは受付できる予約枠の多さに比例するから!

そこで、平日と土日それぞれについて営業時間の長さを比較してみました。

順位 サロン名 平日の営業時間 土日の営業時間 点数
1 脱毛LABO 10:00~22:00 (12時間) 10:00~22:00 (12時間) 9
2 STLASSH 日~木11:00-21:00 (10時間) 金土10:00-22:00 (12時間) 8
2 ミュゼ 10:00~21:00 (11時間) 10:00~21:00 (11時間) 8
3 LACOCO 10:30~21:30 (11時間) 10:30~20:00 (9.5時間) 7
4 KIREIMO 11:00~21:00 (10時間) 11:00~21:00 (10時間) 6
4 恋肌 11:00~21:00 (10時間) 11:00~21:00 (10時間) 6
4 SASALA 11:00~21:00 (10時間) 11:00~21:00 (10時間) 6
5 シースリー 12:00~21:00 (9時間) 12:00~21:00 (9時間) 5
5 銀座カラー 12:00~21:00 (9時間) 10:00~19:00 (9時間) 5

※店舗によって異なる場合があります。

上記の調査結果から、「脱毛LABO」は最も営業時間が長いだけでなく曜日を問わず最も遅くまで営業していると分かります。

平日の遅い時間帯に施術を受けたい方は21:30まで営業している「LACOCO」もおすすめ。
金曜日の予約を希望する場合は、22:00まで営業している「STLASSH」も有力候補です。

施術時間が短い脱毛サロンは?

施術時間は毛量などによって個人差があるものの、短いほどより多くの予約を受け付けることができるため、予約のしやすさに影響します。

そこで、全身脱毛にかかる施術時間について比較してみたところ、最短と最長の差が倍以上もあることが分かりました。

順位 サロン名 全身脱毛の施術時間 点数
1 LACOCO 約40分 9
2 シースリー 45分 8
3 恋肌 60分 7
3 SASALA 60分 7
3 銀座カラー 約60分 7
3 STLASSH 最短60分 7
4 ミュゼ 約90分 6
4 KIREIMO 最短90分 6
5 脱毛LABO 90分強 5

「仕事帰りにサクッと済ませたい」「休日も忙しい」という方は、「LACOCO」か「シースリー」が断然おすすめです。

店舗数が多く店舗移動もOKな脱毛サロンは?

一般的に、契約後に系列の他店舗で施術が受けられる仕組みを「店舗移動」と言います。
引越時に行う「契約店舗の変更」とは意味合いが異なり、予約時に自由に店舗が選べるのが店舗移動の魅力です。

この店舗移動が無料で使えて、なおかつ店舗数の多い脱毛サロンほど予約が取りやすくなります。

順位 サロン名 店舗数 契約後の店舗移動 点数
1 ミュゼ 189 全店舗OK 9
2 KIREIMO 71 全店舗OK 8
3 脱毛LABO 59 全店舗OK 7
4 シースリー 58 全店舗OK 6
5 銀座カラー 52 全店舗OK 5
6 STLASSH 32 全店舗OK 4
7 SASALA 9 2回目以降、全店舗OK 3
8 恋肌 97 完全な変更のみ対応 2
9 LACOCO 56 やむを得ない理由のみ 1

24時間オンラインで予約できる脱毛サロンは?

24時間オンライン予約の有無を調査した結果、ほとんどの脱毛サロンが導入していました。

中でも優秀だったのが、初回のカウンセリング後に6回分の予約がまとめて取れる「銀座カラー」!

一方、電話予約の方は受付時間に差はあるものの、ほとんどがフリーダイヤルですから施術中で電話が繋がりにくいというトラブルもなさそうです。

順位 サロン名 24時間WEB予約 電話予約 点数
1 銀座カラー 12:00~21:00 9
2 KIREIMO 11:00~20:00 8
2 シースリー 〇/LIENどこでも予約 12:00~21:00 8
2 恋肌 11:00~21:00 8
2 脱毛LABO 〇/LIEN 9:30~20:00 8
2 SASALA 10:00~20:00 8
2 ミュゼ 〇/公式アプリ 10:00~18:00 8
3 STLASSH × 11:00~20:00 7
3 LACOCO × 店舗によって異なる 7

直前キャンセルによる空きが狙いやすい脱毛サロンは?

直前キャンセルのルールが厳しくない脱毛サロンなら、キャンセル待ちによる空きを狙って予約するのも簡単なはず!

そこで、いつまでに連絡すれば費用がかからないのか、またはペナルティを受けた場合のキャンセル料金の有無について比較してみました。

順位 サロン名 キャンセル料金 点数
1 銀座カラー ・当日キャンセルの連絡あり=無料・無連絡=施術1回の消化 9
2 シースリー ・予約時間の1分前まで=ペナルティなし・無連絡で1分でも遅刻した場合=3,000円 8
3 KIREIMO ・マイページにて前日23時59分まで=無料・当日キャンセル=1回分消化 7
4 STLASSH ・予約の前日20時まで=無料・予約の前日20時以降=コース1回分の消化 6
5 恋肌 ・Web=予約日の前日18:00まで無料・店頭または電話=予約日3日前の13時まで無料・期限を超えた場合=施術1回分の消化 5
6 SASALA ・パックプラン=予約前日の20時まで無料・月額プラン=予約2日前の20時まで無料・当日キャンセル=施術1回分の消化 4
7 脱毛LABO ・前々日の20時まで無料・前日20時まで=1,000円・当日および無断=プラン回数1回消化 3
8 ミュゼ ・24時間前まで=無料・24時間以降=解約時の返金が1回分なくなる※当日キャンセルでも回数保証制度により契約期間内の再予約OK 2
9 LACOCO ・予約日の3日前まで=無料・当日キャンセル=2,000円のペナルティ 1

仕事が不規則でスケジュールが定まらない方は、「銀座カラー」または「シースリー」を選ぶと安心です。

キャンセル待ちの通知サービスが受けられる脱毛サロンは?

直前キャンセルによる予約枠の空きは限りがあるうえ、人気の高い時間帯ほどキャンセル待ちをしている人数も多くなりがちです。

そこで注目したいのが「キャンセル待ちの通知サービス」!この特典があれば、思いがけず空いた予約枠をいち早く手に入れられるかもしれません。

順位 サロン名 キャンセル待ちの通知サービス 点数
1 シースリー メールのアラートシステム「かよエール」にて通知 9
1 脱毛LABO LINEアカウントで通知 9
1 ミュゼ WEBまたはアプリで通知 9
2 STLASSH 店頭で伝えた希望日に空きが出たら通知 8
3 銀座カラー × 7
3 KIREIMO × 7
3 恋肌 × 7
3 SASALA × 7
3 LACOCO × 7

結果発表!予約が取りやすい脱毛サロンは?

最後に、予約が取りやすい脱毛サロンの条件6つを比較した総合結果を見てみましょう。

順位 サロン名 営業時間 施術時間 店舗移動 WEB予約 キャンセル 通知 合計
1 シースリー 5 8 6 8 8 9 44
2 銀座カラー 5 7 5 9 9 7 42
2 KIREIMO 6 6 8 8 7 7 42
2 ミュゼ 8 6 9 8 2 9 42
3 脱毛LABO 9 5 7 8 3 9 41
4 STLASSH 8 7 4 7 6 8 40
5 恋肌 6 7 2 8 5 7 35
5 SASALA 6 7 3 8 4 7 35
6 LACOCO 7 9 1 7 1 7 32

比較的、口コミサイトなどで予約が取りやすいと投稿されている脱毛サロンが上位を占めているようですね。

もちろん、リアルな予約状況はスタッフの人数や季節によっても異なるでしょうが、一つの目安になるのではないでしょうか。

まとめ

脱毛サロンの予約状況について、さまざまな角度から検証してみました。脱毛サロンの利用者にとって予約できない、または取りにくい状況というのはストレス要因の一つです。もちろん、今回の調査結果が100%とは言い切れませんが、予約できない場合の1つのポイントとして参考にしてみてくださいね。

  • SHARE

  • 関連脱毛コラム

    コラム一覧を見る