現在地周辺

TOP

メニュー

検索

脱毛した時にお酒を飲んでいけない理由

脱毛した時にお酒を飲んでいけない理由

多くの方が疑問に思っている「脱毛の施術前後にお酒を飲んでもいいの?」ということ。答えはNOです。脱毛をする前や施術を受けた後にお酒を飲んでしまうと、施術中に痛みを強く感じてしまったり、赤みやかゆみが出てしまうリスクが高まります。そのようなリスクを避けるためにも、どれくらい時間を空ければ良いのか、脱毛をする日や前日にお酒を飲む予定が入ったらどうすればいいのかなどを詳しく解説いたします。

なんで脱毛の前後にお酒を飲んじゃだめなの?

多くの脱毛サロンでは、脱毛の施術前後に飲酒をすることを控えるようアナウンスしています。ではなぜ脱毛の施術を受ける前後に飲酒をするのはだめなのでしょうか?お酒を飲むと、血行が良くなります。顔が赤くなったり体がポカポカするのはそのせいです。血行が良い状態で脱毛をすると、痛みを強くなったり、脱毛をした後に赤みやかゆみなどが出たりしてしまう危険があります。痛みや赤み、かゆみを防ぐためには脱毛器の照射レベルを下げるのですが、レベルが下がると当然効果も薄れてしまいますので、本来得られるはずの効果が期待できません。脱毛前だけではなく脱毛後にお酒を飲んだ場合も、血行が良くなり赤みやかゆみが出やすくなってしまいます。また、お酒を飲むと体温が上がります。普段よりも体温が高いとお肌の水分が蒸発し乾燥に繋がります。その状態で照射をすると痛みを感じやすくなりますし、やけどなどの炎症が起きるリスクも上がってしまいうのです。

どれくらい時間を空ければいいの?

アルコールの分解速度には個人差があるため、一概に○時間空ければOKとは言い切れません。例えばビール中ビン1本を飲んだ場合、一般的には女性で約3時間で分解するといわれていますが、その日の体調やその人の体質、飲んだお酒の量によっても変わるためそれ以上に時間がかかることも大いにあり得ます。できれば脱毛の施術をする前後、丸一日は飲酒をしない方が安心です。施術の前後12時間の飲酒を制限している脱毛サロンもありますが、脱毛サロンによって基準が違いますのであらかじめ確認しておくと安心ですね。

急に飲み会の予定が入ったらどうすればいい?

万が一脱毛の前後にお酒を飲む予定が入った場合は、できるだけ早く脱毛サロンに電話をして予約の変更をしましょう。当日になっての予約変更やキャンセルはできるだけ避け、どうしても行かなければいけない飲み会などの用事が入ってしまった場合はノンアルコールで楽しみましょう。「これくらい大丈夫かな」という軽い気持ちでお酒を飲んでお肌のトラブルになってしまっては大変ですので、脱毛の前後12時間は飲酒をしないようにしましょう。また、飲み会が入りそうな日や週末は脱毛の予約を入れずに、平日に予約を入れておくのもおすすめです。万が一お酒を飲んだ状態で脱毛サロンに行ってしまった場合はきちんとスタッフの方に伝えましょう。後日の施術になるか照射レベルを下げるかで対応していただけるはずです。

まとめ

脱毛前後にお酒を飲むと痛みや赤み、かゆみなどのお肌トラブルが起きてしまうリスクが高まるということがわかっていただけたかと思います。せっかくお金を払って脱毛サロンに通うのですから、本来の効果を発揮できるよう、脱毛の前後は飲酒をせずに万全の状態で施術を受けましょう。また、お酒の席は楽しいですが、自身の美肌のために、脱毛の前後に飲み会があってもノンアルコールで楽しむようにしましょう。

  • SHARE

  • 関連脱毛コラム

    コラム一覧を見る