現在地周辺

TOP

メニュー

検索

スポーツ選手は脱毛が必要?アスリートの脱毛について

スポーツ選手は脱毛が必要?アスリートの脱毛について

スポーツ選手は体毛を処理することで、自分の持っている能力を向上させることができます。例えば有名な話では、競泳などの水中で行う競技のスポーツ選手は、体毛をすべて脱毛することで水の抵抗が少なくなり、タイムが縮みやすいと言われています。また短距離走など陸上競技のスポーツ選手も脱毛によって空気抵抗が少なくなり、記録が上る可能性が高まりやすくなります。では具体的にどんな方法で体毛を処理しているのか、その際の注意点にはどんなものがあるか調べてみました。

スポーツ選手は脱毛をしているのか?

脱毛サロンに通うスポーツ選手は以外に多い?

競泳のスポーツ選手、陸上のスポーツ選手だけでなくプロバスケットボールの選手や競輪選手など、多くのスポーツ選手が脱毛しています。それは、有名なスポーツになれば観客が増え、ファンからスポーツ選手へ注がれる視線も多くなるからだけではありません。こうした見た目の問題以上に、競技での記録が上がる可能性が高まるという理由があります。

体毛は濃い場合、薄い場合に関わらず、体毛があるだけで空気や水の抵抗を受けやすくなります。体毛そのものは皮膚を保護し、保温や保湿するために存在しています。体毛によって私たちの肌は怪我をしづらくし、温度や寒さに影響を受けづらい環境でいられます。しかし、その体毛は水や空気抵抗を受けやすいものでもあります。風の中、水の中でタイムを縮めようとするアスリートにとっては不必要なもの。コンマ1秒を縮めたいスポーツ選手は積極的に脱毛しています。

毎日練習に忙しいスポーツ選手は、脱毛サロンなどで手の届かない部位の脱毛も行っているのです。

セルフケアを行っている

こうして脱毛が必須のスポーツ選手はどうやって脱毛しているのでしょう。スポーツ選手でも、薄着で肌を露出しやすい競技の方の場合は、脱毛サロンなどプロの手で脱毛している方が多いようです。とはいえ、毎日練習に忙しいスポーツ選手たちは、脱毛サロンに行く時間もない場合があります。また海外を転々と大会などで回らなければならない方の場合、脱毛サロンに通うのは難しい状況にあります。

多くのスポーツ選手は脱毛サロンも利用しますが、やはりセルフケアで脱毛しています。専用のリムーバーやワックスなどを準備し、持ち歩いているスポーツ選手は多いのです。

脱毛が関係するのは性別ではなくスポーツの種類

タイムを計測するスポーツ

具体的にどんなスポーツ選手が脱毛しているのかについてご紹介しましょう。脱毛というと、女性が見た目を気にして行うものと考えるのが一般的です。しかし、スポーツ選手の場合は女性だけでなく男性も脱毛している場合は多いです。つまり脱毛が関係するのは、性別ということではないのです。

ではどんな競技のスポーツ選手が脱毛する場合が多いかというと、水中や風の抵抗を配慮する競技、タイムが関係する競技です。競泳は言わずもがなタイムが大きく関係する競技です。また陸上競技もタイムが重要です。このほか、競輪などもタイムが重要になるため脱毛するスポーツ選手は多いようです。

技術や美が伴うスポーツ

タイムが重要な競技だけではありません。見た目に影響する競技のスポーツ選手の男性も脱毛は欠かせません。例えば技術や美を必要とするスポーツで体毛が気になっては、見ている人が競技に集中できませんね。フィギュアスケートや体操競技などで体毛が見えてしまった場合、どうでしょう。見ている側として考えると、体毛が無い状態と、体毛が見えて気になる状態。どちらも同じように高い技術力と美しさをもっていたとしても、やはり総合的に美しく見えるのは体毛の無い状態の方ではないでしょうか。

滑らかで美しい見た目を演出するためにも脱毛は必須です。

一般人の運動と脱毛の関係

脱毛をするメリット

スポーツ選手達は、自分たちの競技の結果に左右するため、脱毛は欠かせません。では、スポーツ選手ではないけれど、運動する一般人の場合はどうでしょう。体毛は個人差があるため、気になる人、気にならない人はそれぞれ体毛に対する認識も違うでしょう。ただ、趣味で行っているいるとはいえ、例えばマラソンを趣味としている方の場合、自分の持っているタイムを縮めたいという意欲はいつもあるでしょう。そのタイムを縮める方法として脱毛があるト聞けば、やってみたいと思うのではないでしょうか。一般の方でも実際に脱毛によってタイムが縮んだと実感している方は多くいます。自己記録を成長させるための方法として脱毛を選ぶ方は一般人でも多いということです。

こうした競技結果という面だけではありません。一般人でも見た目という意味で脱毛している方も多いです。近年は、スポーツウェアも多種多様なものが販売されています。空気抵抗を少なくしたものもありますが、単にファッションという面で考慮されているものもあります。こうしたスポーツウェアを素敵に着こなすには、脱毛したほうが良い場合があります。スポーツジムなどでは皆、それぞれ自分のトレーニングに集中しているようで、実は隣のスタイルやファッションを気にしている場合も多いです。そんなときに、素敵に魅せたいという欲が生じるのは誰でも同じこと。

こうしたことからスポーツを楽しむ一般人も脱毛している方は増えています。

脱毛後に運動をする場合の注意点

スポーツを楽しむ、また競技する多くの方が脱毛している現状にあります。ただ、脱毛は肌に刺激を与える行為です。運動は汗をかき、日光にさらされる可能性の多いもの。この両方を同時に行うのは肌への刺激が多大となります。そのため脱毛と運動については、どう行うかといった面で注意点があります。

まず肌が刺激を受けているような状況ですぐに脱毛しないこと、また脱毛した直後は肌に強い刺激がかかる運動をしないことが大切です。脱毛によって毛穴やその周辺の肌は炎症を起こしやすい状況にあります。その前に肌に刺激を与えて負担がかかっていたら、また逆に脱毛後にこうした負担をかけると、強い炎症で湿疹ができる場合があります。

また日焼けも厳禁です。肌は日に焼けることで炎症を起こし、色素が沈着しやすくなります。そこにプラスアルファで脱毛の刺激が加わってしまうと、シミとして残ってしまう可能性が高まります。また毛穴自体が黒ずんで硬くなり、イチゴの表面のような見た目になる場合もあります。

どうしても脱毛と運動を併用しなければならないときには、脱毛前にしっかり肌の洗浄を行ったうえで保湿し、肌の冷却を行ってから脱毛するように心がけましょう。また運動の際にも脱毛部位が日に焼けないよう日焼け止めを塗り、衣類で保護するなどの配慮をしましょう。

まとめ

スポーツ選手はセルフケアも行いますが、多くの方が脱毛サロンや医療脱毛など、プロの手で脱毛しています。そのプラスアルファとしてセルフケアを取り入れている場合が多いです。脱毛はセルフケアでも行えますが、炎症や肌トラブルを起こす可能性もあるデリケートなものですから、プロの手で脱毛する方が安心です。

近年は一般人の男性も、趣味のスポーツへの配慮や見た目などの理由から脱毛している方が増えています。これからはただ脱毛したというだけでは足りず、どれだけ美しい仕上がりになったかを問われる時代が到来するでしょう。脱毛サロンなどではこうした男性でも通いやすいよう配慮する店舗も増えています。そんな今こそ、脱毛で美しくなった肌を楽しむチャンスと言えます。

  • SHARE

  • 関連脱毛コラム

    コラム一覧を見る