現在地周辺

TOP

メニュー

検索

脱毛箇所の毛の長さはどれくらいにしておいたほうがいい?

脱毛箇所の毛の長さはどれくらいにしておいたほうがいい?

初めてサロンや医療機関を利用して脱毛をする際には、ムダ毛を剃っておくべきなのか伸ばしておくべきなのか悩んでしまうかもしれません。レーザーや光を使用して脱毛を行う場合には、きちんとした効果を得るために事前に前処理をしておく必要があります。処理をする際にはどれくらいの毛の長さにしておくのが良いのでしょうか?適正な長さや、その理由についてまとめています。より高い効果を得るためにも、是非参考にしてみてください。

なぜ前処理が必要なのか?

そもそもサロンや医療機関で脱毛を行う際に、なぜ事前に自分でムダ毛を処理しておく必要があるのでしょうか?こういった場所で行われる方法は、光を使用して毛根にダメージを与えることによってムダ毛を薄くしていくフラッシュ脱毛です。この際に当てる光はメラニンの色素に反応するものですので、毛が残っているままの状態ですと毛の部分に反応してしまって毛根にきちんとダメージを与えることができません。さらに毛が残っていると、毛のメラニン色素と光が反応して熱が発生する範囲が広くなってしまい皮膚に赤みが出たり、やけどをしてしまったりするともあります。毛根のみにダメージを与えれば肌への影響はほとんどありませんが、毛が残っていることによって肌にダメージが加わってしまいトラブルの原因になってしまうことがあるのです。

毛の長さはどれくらいにしておくべきか

では、前処理をする際に毛の長さはどれくらいにしておくのが、一番良いのでしょうか?カウンセリングの際にスタッフの方から指示があることが多く、その指示はサロンによって違っています。しかしほとんどの場合には、毛穴から毛が出ていない状態にしてきて欲しいと言われます。具体的には0.02mmから0.05mmを目安に処理をしていけば、問題はありません。もし毛が長めに残っていた場合には、その日の施術が出来ない場合もあります。またサロンによってはシェービングサービスを有料で受けてから施術を受けなくてはいけなくなってしまい、余計な出費が増えてしまうことになりますので注意しましょう。

前処理をする際の注意点

脱毛に行く前に処理をする際には、毛の長さ以外にも注意するべきポイントがあります。まずは処理をするのはサロンに行って施術を行う当日ではなく前日までに行うということです。可能であれば2日から3日前に行っておくのが一番良いです。処理をすると肌にダメージがかかります。もし炎症を起こしてしまった場合であっても、2~3日の期間があれば炎症が治まりますので問題なく施術を受けることが出来ます。さらに毛抜きを使用して処理をすることは絶対にしてはいけません。フラッシュ脱毛では毛根のメラニン色素と光を反応させて、ダメージを与えることによって効果を得ることが出来ます。しかし毛抜きで毛母細胞まで一緒に抜いてしまうと、効果を得ることが出来なくなってしまいます。また肌へのダメージも大きいですので、その状態でサロンでの施術を受けるというのはあまりおすすめ出来ません。同様にかみそりも肌に大きなダメージを与えてしまいますので、可能であれば肌に優しくそしてきちんと毛を剃ることが出来る電気シェーバーを使用することをおすすめします。

サロンや医療機関で光やレーザーを使用して脱毛を行う際には、施術を実際にする前に自分で前処理を行っておく必要があります。前処理をする際にはムダ毛を1mm以下のほとんど毛穴から毛が出ていない長さまで剃ります。そうすることで毛ではなく毛根のメラニン色素と光を反応させることができ、きちんとした効果を得ることが出来ます。毛の長さに関しては利用するサロンの指示に従うのが一番良いですが、長い毛が残ってしまっている場合にはその場で処理をしてもらう必要があったりその日には施術が出来なくなってしまったりしますので注意しましょう。また前処理を行う際には、肌へのダメージを考えて施術予定の2~3日前に電気シェーバーを使用して行うようにします。せっかくお金を払って施術を受けるのですから、きちんとした効果を得て安全に脱毛するためにも、正しい方法で前処理を行いましょう。

  • SHARE

  • 関連脱毛コラム

    コラム一覧を見る