現在地周辺

TOP

メニュー

検索

脱毛後はカミソリ負けする?脱毛と自己処理の方法は?

脱毛後はカミソリ負けする?脱毛と自己処理の方法は?

肌が弱くていつもカミソリ負けをしてしまう・・・、そんな方もいらっしゃるでしょう。脱毛サロンやクリニックで行う脱毛と自宅で自分で行う自己処理の脱毛はどのように違うのでしょうか。肌への負担やアフターケアの方法、カミソリ負けへの対処法などさまざまな角度から調べてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

昨今では脱毛サロンやクリニックなどでプロに脱毛のお手入れをしてもらう人が増えています。当然、ムダ毛の自己処理をする手間が省けることも大きな理由の1つだとは思いますが、それ以外にもいくつか大きな理由があります。それは、肌への負担の程度です。やはり自己処理ですとカミソリ負けを筆頭にさまざまな問題がでてきてしまいます。今回は脱毛サロンと自己処理の違いからケア方法、カミソリ負けは防げるのかどうかについてなどを紹介していきますので、脱毛に興味のある方ご覧下さい。

脱毛で毛穴がなくなることはありません!

脱毛サロンやクリニックなどで治療してもらうことのできる光脱毛やレーザー脱毛をすると毛穴が綺麗になるという声が多く聞かれます。またそれと同じくらい毛穴がなくなるという声も聞こえてきます。「綺麗になる」と「なくなる」どちらが正しいのでしょうか?結論から申し上げると正解は「綺麗になる」です。脱毛により毛がなくなった部分の毛穴が引き締まり、化粧品やホコリなどの黒ずみの原因となっていた小さな汚れが貯まらなくなるため毛穴が目立たなくなるという訳です。また、脱毛のサロンや美容系医院での脱毛前までご自身でカミソリや毛抜きで行っていたムダ毛の処理も必要なくなります。実はこのようにご自身で行うことはカミソリ負けなど肌に良くないトラブルを起こしたり、毛穴が開いた状態になり雑菌が入りやすくなったりする要因となっていました。これがひどくなってしまうと炎症や色素沈着を起こし、黒ずんだ毛穴が際立った状態となります。つまり、脱毛をすることで毛穴が引き締まり、ムダ毛処理の手間もなくなるということです。最初に話した「毛穴がなくなる」という声は、毛穴がなくなったように見えるほどに綺麗になったということだと思います。そもそも毛穴には、デトックス機能やバリア機能、体温調節という大事な役割がありますので、なくなってしまうと困りますよね。このように、脱毛をすると美肌になり、良いことばかりのように見えますが、脱毛後も適切なケアをしないと逆に肌に問題がでてしまったり、毛穴が目立つようになってしまったりしますので、気を付けましょう。せっかく脱毛したのに逆に肌トラブルを抱えてしまっては悲しいですよね。特に脱毛直後は肌が刺激に弱くなっていてデリケートな状態ですので、治療したサロンや医院で指示された通りのケアをしっかりとするようにしてください。脱毛直後の肌は乾燥しやすい状態ですので、充分な保湿をしましょう。ただ、その際もなるべく肌に刺激を与えたくないので、可能な限り刺激の少ないスキンケア用品を選ぶと良いかもしれませんね。

そもそも脱毛や自己処理は肌に良くないのか?

脱毛サロン

脱毛サロンで実施されている脱毛の種類は光脱毛(フラッシュ脱毛)です。光脱毛で使われている可視光線は身体に害がなく肌をほとんど痛めることなくお手入れすることができる方法で、痛みもあまりありません。一方、脱毛クリニックで行われているレーザー脱毛は強いレーザーを使うため、脱毛の成果は強いですが、その分痛みも強いのが特徴です。どちらがおすすめということではありません。光脱毛も痛みは少なくレーザー脱毛よりも優しいイメージですが、施術後の肌はデリケートになりますので注意するようにしましょう。

自己処理方法

ムダ毛の処理はカミソリなどを使ってご自身で抜いているという方も少なくないと思います。光脱毛やレーザー脱毛が怖いと感じる方も多いのではないでしょうか?しかし、実は1番肌に負担をかけてしまうのはカミソリなどを使ったご自身での処理なんです。カミソリでムダな毛を処理するとカミソリ負けを起こしてしまうことが多くあります。また毛抜きの場合、細菌感染や色素沈着などの悪影響を与える可能性も否定できません。もし、肌に良い脱毛方法を選択したいのであれば脱毛サロンなどでプロにお願いするのが賢明ではないでしょうか。

カミソリ負けしない方法

そもそもカミソリ負けとはどういう事を言うのか整理しておきましょう。肌には見えない程度に凹凸があります。そこにカミソリを当てることで、気づいていない角質まで削り取ってしまいます。これがカミソリ負けの1つの原因です。また、金属アレルギーがある方もカミソリ負けのような症状が出る場合もあります。カミソリ負けを完璧に防ぐには「カミソリを使わない」と言うことになってしまいますが、カミソリ負けを軽減させることは出来ます。どんな方法がカミソリ負けに良いのか見ていきましょう。

保湿の徹底

まずは、保湿を徹底することでカミソリ負けを軽減できます。肌の保湿不足は肌にダメージを与え、炎症の要因となってしまいます。保湿クリームや温めたタオルなどを使って除毛してください。除毛後の保湿も忘れずに。ボディークリームや乳液がおすすめです。

カミソリの問題

次に、使用しているカミソリに問題がある場合です。長期間同じカミソリを使っていると刃がもろくなりますし、衛生的にも良くありません。カミソリ負けの原因にもなります。炎症を起こしてしまった場合、雑菌が入り込んでしまうこともあります。できれば月に2回ほどはカミソリを交換するようにしてください。

剃り方の問題

最後は剃り方でカミソリ負けを防ぐ方法です。細部まで綺麗に除毛したくて逆剃りしていませんか?毛の本来の流れを無視して逆剃りしてしまうとカミソリ負けの要因となってしまいます。毛の流れに沿って行うことで、カミソリ負けを防ぐことが出来ます。残ってしまったところは除毛クリームや毛抜きなどを使用してもらうのが良いと思います。

脱毛サロンも自己処理もアフターケアが大事

脱毛サロンでの脱毛と自己処理の脱毛、どちらもアフターケアを怠ると肌にダメージを与えてしまうことになりかねません。せっかく綺麗になりたくて脱毛をしているのに、肌トラブルが出てしまっては意味がないですよね。そこで、脱毛サロンでの脱毛と自己処理での脱毛のアフターケアについて簡単に解説していきます。まずは脱毛サロンでの脱毛のアフターケアですが、施術直後はサロンで出される保湿剤などで保湿をしっかりとしましょう。脱毛後は炎症を起こしやすい状態ですので、保湿はとても重要です。自宅に帰ってからの保湿は、できれば低刺激のスキンケア用品を使ったほうが良いのですが、いつも使っているご自身の肌に適したものがあればそれを使ってください。いくら刺激が少ないものであっても初めて使うものはご自身の肌に適していない場合がありますので注意が必要です。

また、脱毛後の入浴は、湯舟には浸からず、ぬるま湯を浴びるくらいにしてください。ボディーソープや石鹸もなるべく直接つけずに泡立てた泡で軽く洗うようにしましょう。施術当日は飲酒やエステ、マッサージなどの体温が上昇する行為は避けてください。血流が良くなってしまうと赤みやかゆみなどの肌トラブルの原因となってしまう可能性がありますので、気を付けましょう。次に、自分で処理した際の脱毛のアフターケアです。自己処理はカミソリでの処理や毛抜きを使用する処理、除毛クリームを使っての処理などさまざまにありますが、どの方法も脱毛サロンで行う脱毛よりも肌にダメージを与えてしまいます。特に上でも説明しましたがカミソリはカミソリ負けをしてしまうなど、肌への負担が大きいのが実情です。しかし、除毛後のアフターケアをしっかりとすればだいぶダメージは軽減されると思いますので、必ずケアしてあげてくださいね。除毛後はとにかく保湿です。自分に合ったボディークリームなど保湿のできるものを探し、しっかりと保湿しましょう。もし熱を持ってしまった場合は冷たいタオルで優しく押さえてください。どちらのケアもとにかく優しく行うことが大切です。

まとめ

脱毛に関して、脱毛サロンやクリニックでのお手入れと自己処理でのお手入れを比較してみました。それぞれに良い面と悪い面はあると思いますが、自分が何を重要視するのかを明確にして最適な脱毛法を選択してください。自己処理の場合、カミソリ負けのような防げる肌トラブルは全力で避ける手段を事前に確認しましょうね。

  • SHARE

  • 関連脱毛コラム

    コラム一覧を見る